スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅行終了

イード大型連休が終了して、
任地クルナに戻ってまいりました。活動終了まで残り、7日間
最終日まで走って行こうと思っております。

そんな中旅行ではハプニング続き、最後には携帯を落とす始末…(バングラに来て2度目…)
気を引き締めていきます。

とりあえず旅行を振り返ると、

8月29日メヘルプール到着までは前回書いたので、

8月30日
メヘルプールを観光ムジブノゴル見学
独立戦争の時の何か。
IMG_6562.jpg
大きなモニュメントがありました、(周りはまだ完成してないっぽい)

そこからクスティアという街を通過し、
アム(マンゴー)とラッシャヒシルクで有名なラッシャヒの隊員宅に到着。

到着して、翌31日がイードだと決まる(月の満ち欠けで決めるため、多少前後する)
そこらじゅうで爆竹が鳴ったり、花火が鳴ったり、
駅にのチケット売り場については、決まった途端に、CLOSE、チケット購入待ちの人たちもほったらかしで
帰宅したようです…。The Bangladesh

翌31日、ラッシャヒ観光がイードの為、ダワットに変更になり。
朝からナスタ(軽食)&ミシティがドカッと出てきて、その1時間後鳥のトルカリ

そのあと別の隊員の配属先でのダワットがあり、そこでもビリアニ(炊き込みご飯みたいな)
を食し腹がはちきれんばかりに膨れ上がったのは言うまでもありません。


そこから、次なる街へ出かけようとしたものの、バスがイードの為動かず…
行先まで3時間 CNG(3輪のタクシーみたいなもの)に4人で乗り込み
IMG_6604.jpg
CNGの中より

IMG_6598.jpg
CNGからの車窓

ボグラという街にある、4つ!?星ホテルに。
目的はBARがありお酒が飲める、ただそれだけw

その日はイードの為、普段飲まないベンガル人も結構飲んでたようで、BARは激混み。
しかも男性のみ。僕らメンバーに一人女性がいたので、入った瞬間、全員が目を丸くして凝視していました。
この辺が宗教観の違いなんでしょうか。まぁ飲みすぎて、足元がおぼつかないベンガル人も初めてみましたがw。

翌9月1日飲みすぎと、旅行始まってからの寝不足と疲れからか、
朝早く出発するつもりが、まぁ10時くらいに。

それくらいだらだら感がまた、無計画な旅のだいご味ですが。

次に向かったのが、
バングラデシュが誇る、世界遺産パハルプール(昔の仏教遺跡)

その日もCNGの長旅に慣れた僕らは、また違うCNGをチャーターして向かいました。
IMG_6648.jpg
道中、像にも会いました。お金を要求されましたがねw

が、祝日もあってか人ヒトひと…
遺跡群内に入ってからは、3,40人の人に囲まれっぱなし…。

前回来た時は2,3組しかいなくてゆっくり出来たのに、

今回はもうひどかった。
携帯で写真撮られまくるは、チャイナだすたもんだ言われるはで、
暑いし、みんな外人見に来たんじゃないかってくらい。

普段慣れたものだと思っていたのに、来バ以来の不快感でした。。。w
有名人も大変なんだなぁって気がした。

IMG_6392.jpg
以前行った時

IMG_6653.jpg
今回。山の上にもヒト、登りすぎて注意されていたし、僕の周りにも人がいました。

そこから、
ヒリという国境のある街を経由し、

ディナジプールへ、

2日、カントノゴル寺院(ヒンドゥー教の寺院)とラムシャゴール湖をみて、
IMG_6663.jpg
カントノゴル寺院

IMG_6675.jpg
カントノゴル近くの何か、ジブリに出てきそう

IMG_6701.jpg
ラムシャゴール湖、湖の周りは人でたくさんでしたけどね。

3日、ダッカに到着して、旅の反省という名の飲み会を開催し、

4日、オフィスに行き、クルナに戻って来たのでありました。

と、こんな感じで、旅をしてきました。
バングラ国内旅行の中でも、ほんとに思い出に残る旅行でした。

まぁ基本夜は飲んで、語りあかして、
ローカルのぼろぼろのバスで口あけて寝てしまって、窓に頭ぶつけたり、

ベンガル人に笑わせてもらってり、いらいらしたり。

偶然バングラで出会った仲間がほんとに大切に思えた。

ありがとう。

お世話になった隊員のみなさんもありがとう。

では
スポンサーサイト
プロフィール

池田商店

Author:池田商店
北海道、岩見沢生まれ、

日本を離れ、青年海外協力隊で服飾隊員として、

2009年10月より、黄金の国バングラデシュで、2年間過ごします。

そんなバングラライフを綴ろうと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。