スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カレー三昧

クルナに来て、前にも書いたように僕は、今同僚の家にいるわけで、

いつも朝、だいたい7時くらいに起き、シャワー(ぬるい水)を浴び、8時くらいに職場に行く。

朝食は外もしくは、食堂で、もちろんカレー、もっぱら朝はルティというナンみたいなパンとトルカリを食べる。

そして食後甘いミルクティーを飲み、仕事が始まる。

仕事といっても今は、まだベンガル語があまりわからないのもあり、

生徒達と話をし、ミシンの調子を直したり、家族の名前を聞かれたり、ミシンの調子を直したり、

今日の朝は何食べたか聞かれ、いやカレーだしと思いながらも、中の具によって、味付けも違うので、

ベンガル人からすると、別のものなので、細かく説明して、その単語は違うと指摘を受け、またミシンを直し、

あれさっきも直したよね?とか思いながら、また直す。

彼女達はここで、ボロボロで、今にも壊れそうなミシンを何度も直しながら、服を作る練習をする。

女の子しかいないこの縫製科で、笑顔で「サンキュー、サー」

何て言う・・・照、そう僕はここでは先生なのです・・・

こんな先生でいいのかと、生徒達にもベンガル語を教わってます。




僕のいる学校は、職業訓練校で、イギリスかな?のNGOが運営してます。

縫製科の他に、車のメカニック、電気製品のメカニック、英語教室なんかがある。

そんなこんなで、お昼、ご飯かと思いきや、生徒は少し前に食べ終わる。そして、僕に

「サー、ジャパニ ガン ガベン」(サー、日本の歌を歌って)と20人くらい集まってくる。

歌う、歌う、歌う。なぜか他のクラスに行き。

歌う、歌う、歌う。

気分はもう歌手である。歌は「君が代」に始まり、「さくら」北海道なのに「涙そうそう」「島んちゅの宝」「風をあつめて」、ハナレグミ、ゆず何かも歌ったか、もう何を歌ったのかわからないけど、

仕事よりこっちのほうが疲れる笑。

そしてやっと昼食、食べ終わるともう2時くらい。

それから生徒が変わって、今度は結婚してるか、家族は何人、日本語を教えてに変わり。昼食は何食べたに。

またミシンを直す。繰り返してるうちに、17時、授業は終わる。

生徒達のバスの時間まで、また歌う、歌う、バングラソングを聴く。歌う歌う。

生徒達を見送る。

そんな感じで一日が過ぎていく。

今日は部屋が決まった。3LDKに1人。広すぎる。

まぁいろいろできていいね!

とプラスに考え、建ったばかりの家に明後日から住みます。

何から買うか・・・


そんなこんなで晩御飯、床で食べます。

えっもちろん、トルカリです。

今度はご飯で。もてなし好きなベンガル人はご飯を食べては盛り食べては盛り。もうわんこそば状態


そんなこんなでカレー三昧の一日がふけていきます。

ではでは 今日は文章だけで失礼します。
スポンサーサイト

コメント一覧

-

このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

池田商店

Author:池田商店
北海道、岩見沢生まれ、

日本を離れ、青年海外協力隊で服飾隊員として、

2009年10月より、黄金の国バングラデシュで、2年間過ごします。

そんなバングラライフを綴ろうと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。