スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事

今日朝5時、蚊のうるささで起きる、もう本当に勘弁してください。

何が嫌かって、バングラデシュで唯一、ゴキブリと蚊が嫌です。
もうそれ以外は、汚くても、臭くてもいいから。

この二つをこの世から消していただけると本当に助かります。
まぁ蚊は僕がしっかりモシャリ(蚊帳)で寝ればそれなりに予防は出来るのだけど、
つい休憩のつもりが、朝までってありますでしょ?

最近はというかいつも、そんな感じで蒲団に、といっても蒲団はないので、マットの上に寝てしまっているのです。

昨日はJICAの健康管理医の指令でクルナの病院調査(場所と住所、ドクターの連絡先)に、3件まだまだつたない
ベンガル語を話しながら調べてきました。

やはりドクター英語が話せるのですが、聞いてもまったくわからない。
ベンガル語で話してと言って、話してもらうも、わからない単語が出てくるとこれまたわからない。

まだまだだなと痛感。そしてほんとに英語どうにかならんかね・・・。

病院行くまでにも、知り合い2、3人に別々につかまったり、新たに声をかけられ話をするとすぐ人が集まってくる。
これでもう3時間くらいたってしまいました。

嬉しいような悲しいような。
まぁおかげでだいぶ日常の会話は聞き取れるようになってきたので、良しとしましょう。



ここからは、仕事の話。
クルナに来て4ヶ月、ミシンにはだいぶ詳しくなりました。それが僕のこれからに必要かどうかは別としてね。
問題が起きても、電気系統以外なら、大体直せるし。日本ではまず起こらないであろうミシンの問題が毎日おこります。

最近の僕の仕事は、生徒の縫ったのを見て、ここは汚いとか、ここは良いとか、いろいろ口出しをして
やっぱりミシンの調節と、講義を聞いてどんなことを教えているか、メモを取りながら、勉強して。

あからさまにインストラクターがやりたくないからふって来てるであろう、芯地を切ったり、
日本ではこうしてるんだけど?と質問してみたり、

生徒にはまだまだなめられっぱなしで、「いつ結婚するの?」とか
「彼女はいないの?」とか「髪が長いから切ったほういい」とか「髭もだめ、煙草もダメ、でもサーはいい人、だから日本に連れてって」とか

まぁ毎日楽しく、時にはイライラしながらやっております。

僕の部署のボスも、いろいろ変えていきたい所があると、なかなか熱いオヤジで。
ただ難点はインストラクター達からかなり煙たがられていること意外を除けば・・・。

この間も、ボスとお茶を飲みに行ったら、「私は、色々変えたいけど、それを良く思ってない奴等がいる」
的なことを言ってたり、戻ったら戻ったで、

インストラクター「ボスと何話したの?」「私達のこと言ってなかった?」など
僕は君達のスパイではない・・・。

仕事なのでそれなりに割り切ってくれるとこちらとしても大変助かるのだけど、給料だってかなり良いほうだと思うし。そこは妥協しようや。
ボスは割り切れてる様子で「僕らは子ども達の為にやっているので、そこは別にいいのだけど、変える為の支障にはなると。」

違う部署の友人に聞くと「あそこの仲は昔から良くない」とのこと。

そして今日、一人のマダムインストラクターが2,3日休みを取っていて、戻ってきた。

これはボスが言っていたので確かではないが、「きっとダッカのヘッドオフィスに直談判をしに行ったんだ。」と
前にインストラクターに聞いたのだが、何でも僕の職場は監査機関というか、上司や同僚、生徒の相談窓口があるというのだ。

そこに行ったのだと・・・。
確か明日クルナにダッカオフィスの偉い人が来るとか言ってたな。
その為に今日は大掃除したり、木を飾ったりしてたなぁ。いつも綺麗にしろ!!

まさかその件ではないだろうと心から願いたいが。

マダムが休む前にあったミーティングでもかなり、やり合ってたしな・・・無いとはいえないね。こりゃ

どうなるのか、僕としては色々進める上で今のボスは必要なんですがね。
とりあえず、明日になればわかるので、今日はゆっくり寝よう。

また何か進展があればこの続きを、無いことを祈りながら。

ではでは
スポンサーサイト

コメント一覧

松子

ショモッシャがおおいこの国です。
人間関係とかが絡んで一筋縄には行かない。
この国でなにかをするには何十倍も時間がかかるらしいですよね。
ともに血と汗と涙を流そう!!

池田商店

松子アプ
まぁそんなもんでしょうね。
人間関係は日本もなかなか難しいし、苦手です。
時間はまだたくさんあるからたっぷり使いましょう。
僕はきっと血と涙より、汗が大量になりそうですが、
今日は血を流しました。針が指に刺さってね・・・。

僕ので良くなるのならそれはそれでありがたいことです。

ひとり

どこの国でも職場の人間関係には苦労するなあ。『飲みニュケーション』という日本の文化を紹介しましょう。

池田商店

ひとりさん
バングラ、イスラムなので公では飲めません。飲みニュケーションしても、
茶ですよ。茶は毎日飲んでコミュニケーションとってるんですがねー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

池田商店

Author:池田商店
北海道、岩見沢生まれ、

日本を離れ、青年海外協力隊で服飾隊員として、

2009年10月より、黄金の国バングラデシュで、2年間過ごします。

そんなバングラライフを綴ろうと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。